つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

「問題」という気づき

思いつめる、根をつめる、ガマンする、ガンバル、だと逆効果

儒教の精神の影響もあって、日本的な模範とされるものが ガンバルこと、 ガマンすること(忍耐)、 周囲に配慮すること、 一生懸命やること、 などが素晴らしくて、そういったことを乗り超えて成功するのが素晴らしいことであると 無意識に思っているケースが…

気分や調子の上がり下がり

いつもよい気分でいたい。 いつもしあわせな気分や感覚でいたい。 気分悪く思うのではなく、よい気分でいたい。 そのためにまわりをよくなるように改善して 気分が落ち込まないように、いつもチェックして、下がっていたら持ち上げて・・・ なーんていう感じ…

「自己肯定感」というもの

さっこん「自己肯定感」ということばをよく目にします。 もしいま「自己肯定感」というもの なにか納得のいくものをみつけられておられる方はそのままでいてください。 なんにも否定することはありません。 ただ、違う見方もありますという感じの内容です 「…

「知足」は強力な引き寄せ

禅の教えというか特徴ともいえるのが「知足」です。 ーただ足ることを知るー この「ただ」ということばは禅をよく表しています。 目的もなく、理由もなく、いい悪いもなく、行為する人もなく、 そういったところが「ただ」の真骨頂です。 「知足」というのは…

自我に入り込んでしまうと苦しみでしかない

わたし達はこの世にいる上で自我というものを抜きにしては、生きることはできません。 この自我というのがあるという思い込みから、様々な苦しみが生まれます。 このあたりのお話は、いろいろと説明が必要と思いますが・・ いまブログで少しお話できるところ…

ヒーリングって

いわゆるヒーリングというのは実にさまざまな形態や種類があるみたいです。 トラウマの解消、傷を癒す、 感情のブロックを外す・解放する、 抑圧して上から蓋をしていたものと、ひとつずつ向き合って対処していくやり方、 他にもいろいろです。 あるタイミン…

心地よく生きる処方箋みたいなもの

人生を心地よく生きる処方箋といってよいものかどうかわかりませんが、 今日はこの2つのことについてです。 ・損することと得することはあたり前 ・一人勝ちしないこと わたし達(自我)はどうしても、損したくない。 損するよりは得したい、という思いがあり…

自分の機嫌をとるというのは心地よさを感じることでもある

facebookで斎藤一人さんの名言をチェックしているのですが 今日はこちらの内容でした。 戦争を起こす人や 人殺しをする人に 機嫌のいい人はひとりもいない。 みんなイライラしている なまじ同情してね、 ちょっと構ってあげようなんてことを、 する必要はな…

でてきた思考も感情もクセのようなもの

わたし達は知らず知らず自分の思考や感情というパターンのようなものと一緒に過ごしています。 その人のもつ遺伝子やDNAなのか、育った環境による因子なのか、仏教的には業なのか、状況においての大体のパターンのような反応の仕方があります。 なんとなくい…

テキ(対立)をつくらなければ、すべては味方

わたし達のエゴ(自我)はなにかしようと思うのには いまと違って、こうやればこうなるという目標や こうなりたいけれどそうなれなくて、いまがイヤだから変えようとか 悪いところを良くしようというものがあります。 禅はすべてはこのままでカンペキにものご…

おすすめなのは

例えば、自分にとって辛い状況や 問題だなーとか 苦しかったり メゲるような状況のとき、 って誰にでもあるものです。 そのときに、なんとなく自分のパターンというのができているかもしれません。 自分がものすごくガマンする傾向だったり、 相手に思うこと…

禅 ー ZEN とは

禅をシンプルに2点に絞って説明すると・・・ 一般的な幸せは、お金を得たり社会的な成功を果たしたりといった なにか目標を達成する幸せで、 なにか手段や行為を介する幸せなのですが 禅は、何かを得たり目標を達成する幸せでなく 手段のない幸せであり、 手…

標準装備の基準

さきほど立花大敬さんのfacebookの記事をみてからの 思いつきの流れです。 立花大敬さんは 「心はゴムひも?!」や「神様の壺〔新訂版〕 ~大敬先生《しあわせ通信》第二集~ 」などの著書が有名ですが もともと清水克衛さんの本屋さんでとりあげられたことか…

頑張らない勇気

さきほどまで「無」について書こうと思っていたのですが、ふと思いつきで 違うことについて今日は書いてみたくなりました。 頑張らないことについて・・・ 儒教の伝来や古くから日本の教育などによって、 頑張ることがよいこと、優れていること、模範となる…

坐禅をしている「わたし」は誰ですか

坐禅や探究を始めて間もなく多くの方々は、この質問がやってきます。 「坐禅をしているわたしとは一体誰ですか?」 実は、これはとっても深いです。 ことばで表せないんです。 それで、 「さあー誰でしょうー」とこたえると、 質問した相手は、意地悪をされ…

できないことやうまくいかないことを問題としない

前回のブログからの少し発展したおはなしです。 人生がうまく流れていってほしいのは誰でも思うことですが、行動はしているけれども、どうしてもうまくいかなかったり、うまくできなかったりして、落ち込んだり、不安になったり、心配になったり、時にはその…