つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

その他

半分努力して半分は努力しない、伝わることと伝わらないこと

ブログを書くことを通して、伝えたいことや思うことを表現していますが、読んでくださる方から、色んな感想や言葉をいただきます。 心がザワザワしている時に、読んだらスーッと落ちついたとか、 ちょうどタイムリーな記事だったとか、 感想をくださる方の多…

*香道を体験してみて

ブログの更新が滞っています。 書くことがないのではなくて、 書きたいことがあり過ぎて、 どうしようかなかなかまとまらないでいます。 そこをちょっとエイっと飛び越えて、 いつもと変わらず続けたいと思うところです。 きのう、人生初の香道体験でした。 …

枠からとび出そう

毎日同じことのくり返しで、たまにいいことがあったり悪いことがあったり。そしてワクワクしたり、ガッカリしたり。そんなことを毎日過ごしていると、なんだか見落としているようなものがある気がしてきます。 たまには新鮮な空気を思いっきり吸って、ルーテ…

「質問」っておもしろい

ここ数日のうちに質問に著者が回答している形式の本を2冊購入しました。 1冊目は「谷川俊太郎質問箱 (Hobonichi books)」、2冊目は「村上さんのところ」です。 谷川俊太郎さんのことはずーっと何となく好きで詩集も何冊か持っていたのですが、ふと紹介のとこ…

仕分けの基準は「くすみ」?!

引っ越しネタです。とりあえず衣類は収納に収まるように減らしたのですが、これから更にホントに「着る」ものに仕分けをしてます。一度にわーっとできない性質なので、ちょこちょこですが・・・。 以前のブログでも触れましたが、近藤麻理恵さんいわく「とき…

おウチの片づけ

引っ越して4ケ月ちょっと過ぎて、やっとダンボールが掃けて、衣類も随分と減ってスッキリとして、あとはまだ本棚に収まりきらない本に取りかかるだけになってきました。 きものや小物を含めた衣類はホントにたくさんありました。 こんまり(近藤麻理恵)さん…

外側と内側

なんだか新しいブログに引っ越してからというもの、自由にブログを書くことができていないことに気づきます。 なんだろうなー、上手く書こうとするとやっぱり窮屈でしょうがないのであって、別にうまくなくても書くことが楽しい~ことが一番、こういった原点…

介護(または子育て)について

もしも家族が認知症になった場合、身の回りのことができなくなるので介護についての心得のようなものが先日TVで紹介されていました。 3ヶ条としてまとめられたものです。 1、認知症の介護をしても治らないことがあることを知っておくこと 2、2M(無理・無駄…

感謝していること

今週の日曜日は2015母の日でした。新聞の記事に出ていたものですが、『お母さんに感謝していること』という内容が興味深かったです。 「母といると、いつも心が休まるから不思議」 「常に見守ってくれる母親が貴重な存在だと分かり、ありがたみが増す」 部下…

恐怖というのは実体のない妄想

「恐怖」ということについてです。恐怖というのは、なくならないものです。なくならないもの(変えられないもの)を、なくそうとしようとすると余計に苦しみます。そもそも恐怖というのは実体のない妄想です。ですが、なかなか妄想とは思えずに苦しんだりし…