つながる 海と空とkumo-nami

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところを記しています。わたし達は元来の幸せ感を忘れていることで不安やときに不満になり迷い続けます。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは禅ともつながっていて、さらに本当のしあわせにも通じる扉だったりします。

充分なここちよさ

【つづき】 いまあるもの、それで「じゅうぶん」。そして・・・

のつづきです。 「じゅうぶん」だな~をほんのちょっとでも感じられると 不思議といままで流れなかった状況が流れ始めたりします。 「なりたい」とか「したい」とか求めているときには まったくどうにもできなかったことが 動きだしたりします。 真理という…

いまあるもの、それで「じゅうぶん」。そして、いまないもの、それも「じゅうぶん」。

禅を実践するなかで、目的や目標をもたないというように教えられます。 目的指向の自我(わたし)や思考や欲望といったものからすると それでは一体生きている意味がないじゃないかという風になるのですね。 ところが 目的をもたない、目標をもたないというの…

「知足」は強力な引き寄せ

禅の教えというか特徴ともいえるのが「知足」です。 ーただ足ることを知るー この「ただ」ということばは禅をよく表しています。 目的もなく、理由もなく、いい悪いもなく、行為する人もなく、 そういったところが「ただ」の真骨頂です。 「知足」というのは…

自分の機嫌をとるというのは心地よさを感じることでもある

facebookで斎藤一人さんの名言をチェックしているのですが 今日はこちらの内容でした。 戦争を起こす人や 人殺しをする人に 機嫌のいい人はひとりもいない。 みんなイライラしている なまじ同情してね、 ちょっと構ってあげようなんてことを、 する必要はな…

おすすめなのは

例えば、自分にとって辛い状況や 問題だなーとか 苦しかったり メゲるような状況のとき、 って誰にでもあるものです。 そのときに、なんとなく自分のパターンというのができているかもしれません。 自分がものすごくガマンする傾向だったり、 相手に思うこと…

比べることをしないでいるのは幸せ感のはじまり

最近なにかと話題のアドラーですが biz-shinri.com なんとなく禅に似たところがあるのかなーなんて風に捉えています。 先日のこちらの記事 こちらでひとつのフレーズが気になったのですが・・ 「わたしには幸せになる資格がない」 こんな感じに無意識に思っ…

渇望や切望は、依存の元

たまたま何かがよい結果であったとすると、また次にも(無意識レベルで同じような心地よさを味わいたい)、同じような事柄や、ものや、結果を期待して行動します。 毎回同じように結果を得られるとその時は幸せですが、得られないと得られるまで求め続けてし…

原点に戻る

2006/5より書き始めていた約10年のブログがトータルアクセスを25000超えました。 更新していないのに数が増えていることにビックリしたり面白いなーなんて思ってます。2001年より禅の研修会に参加を続けていることから、変化や感じたことなどを備忘録のよう…

感謝や知足にいると無敵

禅のことばの一つに「知足」があります。 ブログに何度も登場してもらっていることばです。 もう少しわかりやすい一般的なニュアンスとしては「感謝」でしょうか。 なんだか知らないけど、ホントにありがたいな~みたいな感じがする時ってありますでしょうか…

理屈(マインド・思考)ばかりで生きていると

わたし達は、こうした方がよいとか、このようにすべきだとか、またはこうすればこうなるといった自我や思考を軸にして毎日を過ごしがちです。その方がなにか安全でいられるような気がしますし、思考という明確な根拠を感じられたりするからです。 そういった…

「選択することと幸せであるということ」 掘りおこし2012/12/30

幸せは2種類あると思っています。1つは、頭でこうしたら幸せだと思うことをするということ。もう1つは、いま目の前にあることを体験しつつ幸せだなーと感じられること。選択するということは、当然こうしたらいいだろうという予測や経験によって、よりよいも…