つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

心地よいところ

思いつめる、根をつめる、ガマンする、ガンバル、だと逆効果

儒教の精神の影響もあって、日本的な模範とされるものが ガンバルこと、 ガマンすること(忍耐)、 周囲に配慮すること、 一生懸命やること、 などが素晴らしくて、そういったことを乗り超えて成功するのが素晴らしいことであると 無意識に思っているケースが…

一瞬でしあわせになる対象は人それぞれ

いまちょっと想像力をつかって、 自分なりに、いま思うだけでしあわせだと思える事柄はありますか。 もしあれば、それはどんなことでしょうか? 過去でも未来でも、そうだと想像したときの あーーーしあわせ~っと思えるものや事柄はどんなことでしょうか。 …

息を吐くときに感じられる心地よさ

先日は都内での禅の研修会でした。 こちらのブログでも たびたび、心地よさに触れた記事を書いていますが その「心地よさ」というものについて一般の方に 伝えにくいし、伝わりにくい、です。 実際、わたしが坐禅に関わり始めた15年くらい前には 説明されて…

その人といる時の自分が好き

こんな記事が目にとまりました。 その人といる時の自分が 無防備でいられて たのしくて あっという間に時間が過ぎて 心地よくて リラックスできて そのときの自分のことを好き(いいな~)と思える。 ということが、自らを愛することにつながっていくというの…

気づきの分かれ目

坐禅や瞑想、ヨガ、気功、呼吸法・・・あるいは なにか出来事や他のことをきっかけにでも ある瞬間にいままでのからだやこころが、ふわ~~~っと緩んだようなとき それは自分で意図しないときにですが ある時に、ふと気づきが起こることがあります。 「あー…

自我に入り込んでしまうと苦しみでしかない

わたし達はこの世にいる上で自我というものを抜きにしては、生きることはできません。 この自我というのがあるという思い込みから、様々な苦しみが生まれます。 このあたりのお話は、いろいろと説明が必要と思いますが・・ いまブログで少しお話できるところ…

「なにもない」。というのが在る

ー ことばではあえて表現すると「なにもない」。というのが在る ー という感覚を 坐禅やなにかの折に感じることがあるかもしれません。 それは、名前のつけようがなく 触ることもできず 眼にはみえなくて 匂いもなく ただ感覚でしか認識できない。 それが「…

3つのre・・・

50歳を過ぎる頃から、からだの変化や心境の変化から いままでのやり方でなく、違うやり方というのがあるのだろうな~というのを 感じるようになりました。 そういったいままでのやり方に違和感を感じながら また、新しいやり方を探したり試してみながら数年…

ヒーリングって

いわゆるヒーリングというのは実にさまざまな形態や種類があるみたいです。 トラウマの解消、傷を癒す、 感情のブロックを外す・解放する、 抑圧して上から蓋をしていたものと、ひとつずつ向き合って対処していくやり方、 他にもいろいろです。 あるタイミン…

思考を介さなければシアワセに甲乙はない

何かにつけて違いをみつけて指摘するのは思考の得意技です。 いきなり本題ですが 思考を介さなければ、しあわせだな~と感じられる感覚に優劣・甲乙はない。ことについてです。 例えば、コンビニでお気に入りのアイスカフェラテを選択して飲んでいるときの美…

心地よく生きる処方箋みたいなもの

人生を心地よく生きる処方箋といってよいものかどうかわかりませんが、 今日はこの2つのことについてです。 ・損することと得することはあたり前 ・一人勝ちしないこと わたし達(自我)はどうしても、損したくない。 損するよりは得したい、という思いがあり…

自分の機嫌をとるというのは心地よさを感じることでもある

facebookで斎藤一人さんの名言をチェックしているのですが 今日はこちらの内容でした。 戦争を起こす人や 人殺しをする人に 機嫌のいい人はひとりもいない。 みんなイライラしている なまじ同情してね、 ちょっと構ってあげようなんてことを、 する必要はな…

禅 ー ZEN とは

禅をシンプルに2点に絞って説明すると・・・ 一般的な幸せは、お金を得たり社会的な成功を果たしたりといった なにか目標を達成する幸せで、 なにか手段や行為を介する幸せなのですが 禅は、何かを得たり目標を達成する幸せでなく 手段のない幸せであり、 手…

キャンドルデビュー

最近クーラーの効いたお部屋での楽しみの一つとして キャンドル遊びデビューしました。 少しだけ冷えすぎた室内で火を焚いてみつめることは何とも心地よいものです。 お寺では、蝋燭と線香を焚いて鐘を鳴らしたりして坐禅の始まりを合図します。 線香をくゆ…

微笑

高校のクラスメイトで名前の「笑美」(えみ)さんがいました。人生で『えみ』さんは何人か出会ったことがありますが、漢字で「笑美」さんは一度しか出会ったことがありません。今日はふとそんなことを思い出して、微笑について書いてみようかなと思います。 禅…

何の為に生まれてきたのか

いきなりですが、わたし達は何の為に生まれてきたと思われますでしょうか。 それは本当の幸せ、絶対の幸せの境地を感じるために生まれてきたといっても間違いではないと思います。 その為に仕事をしたり、たくさんの人の評価や信頼を得るようなことをしたり…

経験と比較があるといつまでも幸せになりにくい?!

この度引っ越しをして気づいたことなのですが、人によっては引っ越し先は十分環境がよいにも関わらず、そんなに満足してないというケースもあるのだなーということがわかりました。 以前と比べて、こんなお店がたくさんあったとか、あのお店があったとか、過…

掘り起こし「幸せな時とは 2012/12/24」

TVで「幸せな時って、どういう時」という男子会トークがありました。 所ジョージさんは、愛犬を撫でているとき。 奥田民生さんは、布団に入って眠る寸前と目が覚めてからのホンの少しの時間。 トータス松本さんは、毎日温かいお風呂に浸かるとき。 MCの夏目…

気持ちいいなー、心地いいなー

瞑想や坐禅、ボディーワークなど受けたあとに何となくスッキリとした感じやからだが緩んでほわーっとした感じなど、感じ方はそれぞれ違いますが、なんとも心地よい感覚になります。 そういった心地よさは、元々あるものでなくなることがないのですが、わたし…