つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

感覚としての気づき

【2】 感謝の対象を限定しなくなると

感謝と幸せ感について前回かきましたが 感謝を飛ばして、いきなり幸せ感というのもあります。 例えば たくさん働いたり動いたりして、すごーくお腹がすいてもうペコペコだとします。 走り回って色々と食べものを探してもみつからない。といった折に ファスト…

感謝の対象を限定しなくなると

facebookで松下幸之助さんのことばをチェックしていると うーん、そうだよね~と思うことばがあります。 https://ja-jp.facebook.com/MatsushitaKonosuke/ 2017/7/30の投稿のひとつ 感謝の心が高まれば高まるほど、 それに正比例して幸福感が高まっていく。 …

【2】 いまあるもので充分、いまないものも充分

続きです。 「じゅうぶん」だな~をほんのちょっとでも感じられると 不思議といままで流れなかった状況が流れ始めたりします。 「なりたい」とか「したい」とか求めているときには まったくどうにもできなかったことが 動きだしたりします。 真理というのは…

いまあるもので充分、いまないものも充分

禅を実践するなかで、目的や目標をもたないというように教えられます。 目的指向の自我(わたし)や思考や欲望といったものからすると それでは一体生きている意味がないじゃないかという風になるのですね。 ところが 目的をもたない、目標をもたないというの…

一瞬でしあわせになる対象は人それぞれ

いまちょっと想像力をつかって、 自分なりに、いま思うだけでしあわせだと思える事柄はありますか。 もしあれば、それはどんなことでしょうか? 過去でも未来でも、そうだと想像したときの あーーーしあわせ~っと思えるものや事柄はどんなことでしょうか。 …

気分や調子の上がり下がり

いつもよい気分でいたい。 いつもしあわせな気分や感覚でいたい。 気分悪く思うのではなく、よい気分でいたい。 そのためにまわりをよくなるように改善して 気分が落ち込まないように、いつもチェックして、下がっていたら持ち上げて・・・ なーんていう感じ…

息を吐くときに感じられる心地よさ

先日は都内での禅の研修会でした。 こちらのブログでも たびたび、心地よさに触れた記事を書いていますが その「心地よさ」というものについて一般の方に 伝えにくいし、伝わりにくい、です。 実際、わたしが坐禅に関わり始めた15年くらい前には 説明されて…

その人といる時の自分が好き

こんな記事が目にとまりました。 その人といる時の自分が 無防備でいられて たのしくて あっという間に時間が過ぎて 心地よくて リラックスできて そのときの自分のことを好き(いいな~)と思える。 ということが、自らを愛することにつながっていくというの…

気づきの分かれ目

坐禅や瞑想、ヨガ、気功、呼吸法・・・あるいは なにか出来事や他のことをきっかけにでも ある瞬間にいままでのからだやこころが、ふわ~~~っと緩んだようなとき それは自分で意図しないときにですが ある時に、ふと気づきが起こることがあります。 「あー…

「自己肯定感」というもの

さっこん「自己肯定感」ということばをよく目にします。 もしいま「自己肯定感」というもの なにか納得のいくものをみつけられておられる方はそのままでいてください。 なんにも否定することはありません。 ただ、違う見方もありますという感じの内容です 「…

今日が人生で最後の日だとしたら・・・

日々暮らしていると、いつの間にか ついついいつもあることが当たり前となって過ごしがちです。 なので 今日やらなくても、別に今日じゃなくていいやとか 明日からやろうとか いつでもやろうと思えばできるし、 やらなくちゃいけないことがたくさんあるし な…

自我に入り込んでしまうと苦しみでしかない

わたし達はこの世にいる上で自我というものを抜きにしては、生きることはできません。 この自我というのがあるという思い込みから、様々な苦しみが生まれます。 このあたりのお話は、いろいろと説明が必要と思いますが・・ いまブログで少しお話できるところ…

「なにもない」。というのが在る

ー ことばではあえて表現すると「なにもない」。というのが在る ー という感覚を 坐禅やなにかの折に感じることがあるかもしれません。 それは、名前のつけようがなく 触ることもできず 眼にはみえなくて 匂いもなく ただ感覚でしか認識できない。 それが「…

思考を介さなければシアワセに甲乙はない

何かにつけて違いをみつけて指摘するのは思考の得意技です。 いきなり本題ですが 思考を介さなければ、しあわせだな~と感じられる感覚に優劣・甲乙はない。ことについてです。 例えば、コンビニでお気に入りのアイスカフェラテを選択して飲んでいるときの美…

心地よく生きる処方箋みたいなもの

人生を心地よく生きる処方箋といってよいものかどうかわかりませんが、 今日はこの2つのことについてです。 ・損することと得することはあたり前 ・一人勝ちしないこと わたし達(自我)はどうしても、損したくない。 損するよりは得したい、という思いがあり…

自分の機嫌をとるというのは心地よさを感じることでもある

facebookで斎藤一人さんの名言をチェックしているのですが 今日はこちらの内容でした。 戦争を起こす人や 人殺しをする人に 機嫌のいい人はひとりもいない。 みんなイライラしている なまじ同情してね、 ちょっと構ってあげようなんてことを、 する必要はな…

3次元的生活のなかでのからくり

最近みじかなところで「お金」についての話題を多くふられるので 今日は「お金」について書いてみたいと思います。 いつものことですが よくまとまってから書くことはほとんどなくて こうかな~?と書いているうちに、 なんとなく記事になるような散文的スタ…

分離感が外れると

小学校に入学する前後の時期から、 漠然と本当の幸せについて思いを馳せていたような気がしますが 周りからみると、かなり変わった子どもだったと思います。 苦しみ、困難、混乱、葛藤は、多かれ少なかれ 誰もが人生のどこかのタイミングで味わうことです。 …

あるがままーーーー

物事の状況や結果、 過程、 起こったこと、 出会う人、 思うようにならないこと、 すべてのことが、 あるがままであって、 そのままでシアワセなのだということが感覚的に理解されると、 もの凄く人生はラクでいられます。 「あるがまま」と聞いてどのように…

タッチと回す

引っ越しをして新しいガスコンロになりました。 今までの押しながらぐるっと回すのじゃなくなって、 しばらく押してチチチチと音をきくタイプになりました。 タッチだと、ワンタッチのようにぽんと一つの動作ですぐに動作が起こります。 回すのだと、日頃使…

おいしい瞬間

うとうとして眠る瞬間や、眠りから起きる瞬間などなにも考えてない時が幸せの感覚に近いのですが、一番わかりやすいのが美味しいものを食べた瞬間です。 よく耳にする話で、「ビールは一口目が一番美味しい」とか、「アイスコーヒーが美味しいのは最初の一口…