つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

根本の原理原則

3次元的生活のなかでのからくり

最近みじかなところで「お金」についての話題を多くふられるので 今日は「お金」について書いてみたいと思います。 いつものことですが よくまとまってから書くことはほとんどなくて こうかな~?と書いているうちに、 なんとなく記事になるような散文的スタ…

比べることをしないでいるのは幸せ感のはじまり

最近なにかと話題のアドラーですが なんとなく禅に似たところがあるのかなーなんて風に捉えています。 アドラー関連の違う記事でひとつのフレーズが気になったのですが・・ 「わたしには幸せになる資格がない」 こんな感じに無意識に思っている方は意外とい…

さとり・・・・

さとりとは悟り、覚り、差取り。 自我はものごとを分ける見方をします、これとあれ、いまと未来、過去といま、わたしとあなた、この人とあの人、この国とあの国、この出来事とあの出来事、よいと悪い、できたとできない、勝ちと負け、損と得、憎いと可愛いい…

掘り起こし「しあわせの隠れ場所 2012/12/13」

『しあわせの隠れ場所』 2009年11月初公開されたサンドラ・ブロック主演の、 とある黒人少年の実話に基づいた物語。 TV放映があり久しぶりに観ました。 その中で『はなのすきなうし』という絵本が印象的な場面があるのですが、 当時初めてその本を読んで 「…