読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる 海と空とkumo

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところをただ記しています。わたし達は元来の幸せ感を忘れていることで不安やときに不満になり迷い続けます。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは禅ともつながっていて、さらに本当のしあわせにも通じる扉でもあります。

ことばとその人

facebookネタになりますが、総長あいさつ - 入学式における式辞 に、 「それぞれの年齢は、それにふさわしく開く花々を持っている」 というのがありました。 おーーーー、すてき、じゃないですか。 引用元の マルセル・プルースト、一体どんな人なのだろうか…

吉野 弘さんの詩  その2

こちらの続きです。 「夕焼け」 (前略) やさしい心の持主はいつでもどこでもわれにもあらず受難者となる。何故ってやさしい心のの持主は他人のつらさを自分のつらさのように感じるから。やさしい心に責められながら娘はどこまでゆけるだろう。下唇を噛んで…

「とある詩」 掘りおこし2008/8/5

韓国ドラマ『KNTV 私の名前はキム・サムスン 』をみて、こころに響いた詩です。 *愛しなさい、傷ついた事がないように*踊りなさい誰も見ていないように愛しなさい傷ついた事がないように歌いなさい誰も聴いていないように働きなさい お金が必要でないように…

白隠禅師「般若心経毒語註」から 掘りおこし2014/10/26

般若心経にむかって白隠禅師(白隠慧鶴 - Wikipedia )が毒語(毒舌)を吐かれた本が「毒語心経」です。 毒舌というといかにもいやしい言葉ですが、誉めようにも誉める言葉がないから悪口を吐かれたのです。 「般若心経毒語註 」ー山田無文 - Wikipedia 著ー…

吉野 弘さんの詩  その1

なんとなく好きで詩のポストカードをもっている 吉野弘 - Wikipedia さんの「祝婚歌」。 吉野弘さんの「祝婚歌」 こちらをもう一度読んでみましたら、 ついでに他の詩もみてみたくなって「吉野弘詩集 (ハルキ文庫) 」を買ってみました。 そうしましたら、な…

ブログの紹介と自己紹介

などのブログを書いています。 ブログをみにきてくださって、ありがとうございます。 禅寺の庭の美しさや静寂さ、心地よさが好きな「寺女子」です。装飾よりもシンプルな心地よさ、 マルチよりも真髄、 視覚的な脚色では現れてこない 本質的な質感に通じる感…

2つの詩

子どもの頃から詩やエッセイのようなものが好きです。 その中で特に心に留めておきたい、またこちらの詩そのもののような人生でありたいと思うことばがあります。 ー 「水の如くに」山田無文 - 水の如く 淀みなく さらさらと流れたい。どんなよいことがあっ…