つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

響きのことば(日本)

*自我の「わたし」に入り込んでしまうと苦しみでしかない

この世では「わたし」なるものを抜きにして、生きることはできません。 この自我の「わたし」があるという思い込みから、 さまざまな苦しみが生まれます。 ブログで少しだけ触れてみたいと思います。 いわゆる「わたし」という自我は、 悪いということもなけ…

*吉野 弘さんの詩  その2

吉野弘さんの詩、続きです。 「夕焼け」 (前略) やさしい心の持主は いつでもどこでも われにもあらず受難者となる。 何故って やさしい心のの持主は 他人のつらさを自分のつらさのように 感じるから。 やさしい心に責められながら 娘はどこまでゆけるだろ…

*吉野 弘さんの詩  その1

なんとなく好きでポストカードをもってるのが 吉野弘 - Wikipedia さんの「祝婚歌」。 久しぶりにもう一度よんでみました。 「祝婚歌」 二人が睦まじくいるためには 愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい 立派すぎることは 長持ちしないことだと気付…

*「わたしの仕事は元気でいることです」

しごと。 なにかと、しょっちゅう言うことにしました。 わたしの仕事は元気でいることです。 なにかと、しょっちゅう言います。 今日のダーリン ・ふと思いついて、ツイッターに犬の写真を載せて、 「わたしの仕事は元気でいることです。」 と、1行分の文字…

*ブログ紹介

ブログをみにきてくださって、ありがとうございます。 禅寺の庭の美しさや静寂さ、心地よさが好きです。装飾よりもシンプルな心地よさ、 マルチよりも真髄、 視覚的な脚色では現れてこない 本質的な質感に通じる感覚的な違いや 味わいといったものが好きです…

*深刻さにいては理解が起こらない

禅で行(ぎょう)とよばれる実践を 日常生活の合間に持ち込んで続けることは大事なのですが、 自我の「わたし」の得意とする がんばるやり方では残念ながらいつまで経っても体験は起こらないです。 絶対起こらないと言い切れませんが、起こりにくいと思いま…

スゴイねー

斎藤一人さんの著書 「「斎藤一人 世界一ものスゴい成功法則」 (語り下ろしCDつき!)」を読みながらCDを聞いてみました。 大まかな内容は「わたしはスゴイんだ」 と言い続けるといいことが起きるということのようです。 そこで、凡人だから「わたしはスゴ…

2つの詩

子どもの頃から詩やエッセイのようなものが好きです。 その中で特に心に留めておきたい、またこちらの詩そのもののような人生でありたいと思うことばがあります。 ー 「水の如くに」山田無文 - 水の如く 淀みなく さらさらと流れたい。どんなよいことがあっ…

*見習いたいです

批判三原則 - 村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト なぜか村上さんの作品には批判が多い気がしますが、 ご自身に寄せられる批判についてどう思われていますか? (えいじん、男性、22歳) たしかに批判は多いようですね。 でも僕は昔から一貫して…