つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*相対の苦しみとは

しあわせの隠れ場所 [DVD]」は2009年11月初公開で

とある黒人少年の実話に基づいた物語。

 

映画が好印象で記憶にのこったシーンがあったので

すぐさま絵本を購入しました。

初めて読んだとき、

「人の個性は違っていていいんだよねー」と思いました。

 

はなのすきなうし (岩波の子どもの本 (11))

 

金子みすゞの詩「わたしと小鳥と鈴と」のような思いです。 

 

 

この絵本を数年経って読みかえしてみたら

人はみなそれぞれ個性があるから違うのがあたりまえ。

自分と他人は違っていいはずなのに、

毒親やまわりから違いを認められなかったことで

自我の「わたし」が苦しいと感じていたのだなぁ~、

と思い出したりしました。

偏見によるダメ出しや

高慢なクレームのような批判や

過干渉などが

とっても窮屈でした。

そこで

自我の「わたしは」は

「期待」や

「他人がこうなったらいいな」とか

「人はこうあるべき」というのがあり、

認められたいとか

肯定されたい、

優しくしてほしい

とかの欲求がとっても強かったです。

自分というものが消えてなくなってしまいたい、

なんてよく思っていました。

ほんとに辛かったんですね。

まわりの期待と重圧もハードでした。

いろいろと

忘れてしまって覚えてなかったりします。


欲求というのは生きていく上で自然にありますが、

いろいろあって、なかでも

愛について仏教では

渇望する(渇愛)ことなかれと戒めています。

欲求が多いと迷いや苦しみが多くなってしまいます。

愛しているから愛を得たい、

自分の思う通りにさせたいと

自我の「わたし」はつい捉われて彷徨い苦しみます。

自我はなにか足りないという渇望感を

無意識にいつもキャッチして

その渇望感をバネにしているところがあります。

それが何かの折にぷわっと出てきて、

「求める→得られない→苦しむ」となります。

だから、

ただそのことに自覚している、ということです。

自我の「わたし」のすることに

いちいちいい悪いを挟むことなく。

そのことに、ただ気づいている。

否定することも肯定することもなく。

 

そうしていると、だんだんと

ふと、少し風が吹いて、

ふと、少しの間ができて、

ほんのすこし、ほんのちょっとだけ軽くなります。

するとすこし離れることができます。

すこし別の視点からみていると感じられたりします。

 

また、反応して怒りが出たときの対処法として

映画の少年は怒って反応して暴力を起こすことがないように

怖い時には目を瞑って3秒数えると教えられました。

 

自我の「わたし」は何か言われたとき反応して

すぐに行動に結びつけてしまう傾向があるので

少し間をおいて対応すると

まわりを巻き込んだトラブルが避けられるかもしれません。

ものごとに反応したことに続けてとっさに行動して

暴言を吐いたり、

暴力を起こしたり、

暴走してしまわないようにする

知恵のひとつです。 

 

  

相対のなかでの生き辛い苦しみから、

絶対の安楽なるところへ。

皮肉なことに

苦しみこそが平和へと変容して通ずる

トリガー(きっかけ)でもあるのだと

そういったことを

先人は本のなかで教え述べています。

探究の本でそういったところを読み知って

ああ、そうだな~。

でも

なにか救われたような

真の思いをやっと理解されたような

初めての理解者をみつけたような気になりました。

 

 

いま思うことは

苦しい経験をしただけじゃもったいない。

それをいかさなきゃ、というか

いかす選択もできるのだなぁ。

いかすというか

苦しいがなくなる、というより

不幸や苦しいとか、しあわせだわーも

まったく思い浮かばないようような

絶対のしあわせ感。

それこそが本当の幸せ。

本に載っていたことは本当で、

先人の教えの通りだったのだということが

もうありがたくて

うれしくて

しあわせで

みえない大いなるものがほんとうに実感となる

不変のものだということ。

 

毒は使い方でいかようにもできます。

 

酸っぱいレモンは蜂蜜に漬けて、さわやかなレモネードに。

苦いかんきつは蜂蜜に漬けて、味わい深いマーマレードに。

渋い柿は吊るして天日にさらすことで、味わい深いあまい柿に。

酸っぱい梅は漬けることで、滋養たっぷりの梅干へ。

 

人生、毒があってイヤだな~と嘆かずに

いやいや、嘆いてもいいのです。

問題ないのですが

毒があってこそ本当によかったと味わえるところや

見方もあるのだ、ということ。

もっというと、

毒とはみれなくなります。

 

毒というのも

しょせん、

自我に付随するストーリーに登場するものの一つです。

ただ、毒。

ただそれだけ。

絶対というのは、

自我のできごとにまったく関わりなく、いつも在ります。

 

人生で起こったこと起こること

すべてがありのままでいて

そのままでよいのだという

相対にあっての絶対のしあわせ感。

融通無碍に通じる知恵や体験そのもの、

それが本当の幸せだと思うところです。

 

相対であるまわりや

自我の「わたし」を変えようとエネルギーを使うより

絶対のしあわせなる感覚へ向かうところに

エネルギーを使うことをしていくと

穏やかな心地よさがあって

まわりもいままで以上に、

イヤでなくて、

思うようにならずとも、そうなんだね~とラクで

変わらないと思っていたものが

いつの間にか変化していきます。

 

変化することがあたり前なのですが

それでOK。

変化しなくてもOK。

どちらもOKになってしまいます。

 

あるがままに ― ラマナ・マハルシの教え