つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*気持ちいいなー、心地いいなー

瞑想や坐禅、ボディーワークなど受けたあとに

なんとなくスッキリとした感じや

からだが緩んでほわーっとした感じなど、

感じ方はそれぞれ違いますが、

なんとも心地よい感覚になります。

 

そういった心地よさは、元々あるもので

なくなることがないのですが、

日常たくさん起こる出来事や思考に意識を奪われてしまって、

本来の心地よさを感じられる機会がほとんどなくなっています。

そういった感覚があるということ自体

知らないという方が大多数かもしれません。

 

その感覚は思考がまったく浮かばないような時に

感じられやすくなります。

また思考が出てくる0.1秒前にすでに存在している感覚です。

続けているうちに、なんとなく感じられてきます。

 

すると自我の「わたし」がまた口出ししてきます。

「いいぞーその調子だがんばれ」とか、

感じられない時には「こんなのでいいのかー」とか、

感じられたら

「こんなに感じられるようになったぞ、すごいぞ」とか。

それは思考のささやきによる罠。

できたとか、できないを判断して、

できた時には「わたしってすごい」になり、

できない時には「わたしってダメなんだわー」と

知らず知らず自我の「わたし」が強調されてしまうのです。

そうなってしまうと相対に戻ってしまいます。

本当の幸せというのは、

なくならない、変化しないものですから、

すぐになくなってしまう

相対の自我の幸せとはちょっと違います。

 

ポイントは心地いいなーを感じたら、

ただ心地いいなーでいることです。

「心地いいなにか(のわたしや対象)」をつくらない、

「心地いい」そのまんま、それだけでいること、です。

 

心地よくても、心地よいから続く先のドラマを

なるべくつくらないことです。

これを意識してやってみると、

また違った心地よさを感じられるかもしれません。

 

心地よさがあったら、心地よさそのまんまでいることです。

しばらくの間、

その心地よさがなくなるまで・・・です。

 

自分が日ごろ心地よく感じられるような場所

たとえば公園やカフェなどの環境、

アイテム(音楽)など

身近なものを利用するのがお手軽でおすすめです。

温泉旅行などは、なかなか普段の生活に取り入れにくいので

軽くて、いつでも、どこでも、気軽に、がいい。

 

「心地いいなー」にいることが、

じつはシンプルで最強な「引き寄せ」でもあるのです。

「心地いい」とか「このままでOK」というのを未来に送っているので、

心地いい状況がやってくることになります。

 

真理はとってもカンタンで超シンプルです。