つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

気持ちいいなー、心地いいなー

瞑想や坐禅、ボディーワークなど受けたあとに何となくスッキリとした感じやからだが緩んでほわーっとした感じなど、感じ方はそれぞれ違いますが、なんとも心地よい感覚になります。

 

そういった心地よさは、元々あるものでなくなることがないのですが、わたし達は日常たくさん起こる出来事や思考に意識を奪われてしまって、本来の心地よさを感じられることがほとんどないと思います。

そういった感覚があるということ自体知らないという方が大多数かもしれません。

 

その感覚は思考がまったく浮かばないような時に感じられやすくなります。

また思考が出てくる0.5秒前にすでに存在している感覚です。

瞑想や坐禅を継続されていくうちに、なんとなく感じられてくると思います。

 

すると自我(エゴ)がまた口出ししてきます。

「いいぞーその調子だ頑張れ」とか、感じられない時には「こんなのでいいのかー」とか、感じられたら「こんなに感じられるようになったぞ、スゴイ」とか。

それは自我の仕掛けた罠でもあるのです。

できた・できないを判断して、できた時には「わたしってスゴイ」になり、できない時には「わたしってダメなんだわー」と知らず知らず自我が強調されてしまうのです。

そうなってしまうと二極である三次元に戻ってしまいます。

本当の幸せというのは、なくならない・変化しないものですから、すぐになくなってしまう三次元の自我の幸せとはちょっと違います。

 

ポイントは、心地いいなーを感じたら、ただ心地いいなーでいることです。

「心地いい何か(わたし)」を作らない、「心地いい」そのまんまでいること。

心地よくても、心地よいから続く先のドラマをなるべくつくらないことです。

これを意識してやってみると、また違った心地よさを感じられるかもしれません。

 

心地よさがあったら、心地よさそのまんまでいることです。

しばらくの間、その心地よさがなくなるまで・・・です。

 

自分が心地よく感じられるような、場所、例えば公園やカフェなどや環境、アイテム(音楽)など身近なものを利用するのがお手軽でお薦めです。

 

実はこの「心地いいなー」にいることが、シンプルで最強な「引き寄せ」でもあるのです。

「心地いい」とか「このままでOK」というのを未来に送っているので、心地いい状況がやってくることになります。

 

真理はとっても簡単で超シンプルです。