つながる 海と空とkumo

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところを記しています。わたし達は元来の幸せ感を忘れていることで不安やときに不満になり迷い続けます。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは禅ともつながっていて、さらに本当のしあわせにも通じる扉でもあります。

習得のやり方

それぞれ各個人によって、ものごとの習得の仕方というのは違ってくるようです。勉強にしても、実技のようなものにしろ、スポーツや音楽にしろ、各々のやりやすい、慣れ親しんだ、より効率的なもののやり方というものがあるように思います。

今までこういうやり方をやってきてよかったという実績を感じられる場合は、そのやり方でまずやってみます。しかし、それでもうまくいかなかった場合は違うやり方をやってみることになります。

そこではメンターとなる人をみつけて、本であったり、講座やレッスンなどであったり、そういったものを活用するようになるかと思いますが、なかなかすんなりと自分に取り入れられるかというと全部が全部そうではないかなと思います。

習得したいと思うものの種類にもよると思うのですが、それよりもまず自分を知るということも大事な要素になるのかなと思います。自分の質を知るというか、こういう考え方をするとか、こういうやり方をする傾向というのが、あらかじめわかっていれば、手順を踏んで効率よく進んでいけるのではないかと思います。

個人的な感覚では、数秘やマヤ暦はとても役に立つものであると感じています。

また傾向というものからみると星占いもなかなかよいアドバイスになります。

この3つは、わたしにとって外せない要素なのですが、その下地となっていたのがひたすら続けたという実習の経験です。

銀行に就職した際に、研修を約3週間かけて集中して受けたのですが、その中でもいわゆる札勘(さつかん)は制限時間の中でどれだけ正確に数えていくかを計るテストに向けてひたすら練習です。銀行業務のそれも残業が終わってから毎日毎日くり返し記憶があります。

また家に戻っても練習で、なにかにつけて練習。

テレビを見ながらも手は動かして、寝るまで練習といった感じで・・・そのくり返しです。とにかくひたすら手を動かす、練習、手を動かすことをした期間でした。

そんなことが今となっては知らず知らず自分の貴重なベースのようなものになっていることに気づきます。

その後もなにか取得することが楽しくなって、色んなものに興味をもっていた時期があったことを思い出します。

 

坐禅といわれるものも、最初は習得の要領で取り組んでいましたが段々とそういったものではないということがわかってきて、それからは少し坐禅を違う見方でみるようになり、今までうまくいかなかったことがラクに思えるようになった気がします。

約15年前に縁があって坐禅に取り組むようになったのですが、坐禅の醍醐味と呼ばれるようなものが何となく感じられてきたのはここ近年のような気がします。坐禅はすぐに結果が出るようなものではないですし、また結果を期待して坐るものでもありません。ただやり続けたことのある人しかわからない醍醐味というものがあるというのはやはり魅力的ですし、坐禅に完成(終わり)はないということがずっと興味を失わないでいる要素になっているようです。