つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*何の為に生まれてきたのか

いきなりですが、

わたし達は何の為に生まれてきたのだろうかと思ったことはありますか。

 

それは本当の幸せ、

絶対の幸せの境地を感じるために生まれてきたといっても

いいのではないかと思います。

 

その為に

仕事をしたり、

たくさんの人の評価や信頼を得るようなことをしたり、

お金儲けをしたり、

自己啓発を受けたり・・・いろいろです。

それはわたし達が様々な行動をするのに共通するのは、

それした時に感じられる幸せの感覚を感じたいからだと思うのです。

こんなことができたらとか、

こういう風になったらとか、

これを成し遂げたならといったゴール思考、

つまり欲望をかなえることによって、

未来に幸せを感じることを目標とします。

その為にいまはがんばってとか、

いまはガマンしてとか、

欲望をクリアしたら幸せになると思います。

じつはこれ、まちがいやすい勘違いです。

 

引き寄せの法則や禅からみると、

いま幸せな感覚を感じているのでなければ将来も幸せではないです。

ではどうしたらよいのでしょうか。

 

いま幸せな感覚を味わえばよいのです。

なにも思うようなことが成し遂げられていなくても、

シンプルな幸せな感じで十分です。

 

夕日が美しいなーであったり、

親切にしてもらってありがたいなーであったり、

装飾がきれいだなーであったり、

笑ってたのしいなーでもいいです。

また、お風呂に浸かったときに一瞬感じられる

得も言われぬ心地よさだったり、

お腹が空いた時におにぎりをほおばった時のおいしさだったり、

そんなような感覚です。

 

シンプルには思考で考えていない時の感覚です。

美味しいスイーツを一口食べた瞬間は

思考であれこれ考えていないはずです。

味覚そのままに、「あー美味しいなー」などただ感覚しています。

思考が浮かんでくるほんのちょっと前

なにも思考のないところの感覚です。

思考と思考の間にある感覚。

 

禅では思考でなくこの感覚に意識を向けていくことをしていきますが、

日中においても

心地よさや幸せな感覚にあわせるように過ごすことが大事です。

心地よさや幸せな感覚というのはことばで説明しづらいものですが、

人によってさまざまです。

からだが緩んだときの感覚であったり、

息をすーーーーっと吐いた時の感覚であったりです。

自分だけが感じられる幸せな感覚というのを

みつけてみるのもおもしろいものです。

こういった感覚をちょこちょこ感じていくことが

元来からの幸せの感覚へシフトが起こる手始めとなります。

まずは思考でグルグルしないところの、

幸せな感覚に触れていくことを続けていくことが

始まりでもあり、じつはゴールでもあったりします。