つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

おいしい瞬間

うとうとして眠る瞬間や、眠りから起きる瞬間などなにも考えてない時が幸せの感覚に近いのですが、一番わかりやすいのが美味しいものを食べた瞬間です。

よく耳にする話で、「ビールは一口目が一番美味しい」とか、「アイスコーヒーが美味しいのは最初の一口だけ」など・・。

美味しいケーキも一口目を食べてから、最後まで感覚し続けているかというと、どうでしょうか。

これからの予定はなんだっけとか、あれもしなくっちゃ、これも予約してとか、食べていることと違うことを思考したりします。また成分は何だろうかとか、からだによくないものは入ってないかとか、さらに思考や分析に入ると本来の味覚で感じるものとはどんどんかけ離れていきます。

例えば良好な関係にある人と一緒にものを食べる時と、ムカつく相手のことを考えながらものを食べる時というのは、感じられる味はまったく変わってきたりもします。

思考や先入観というものが入ってくると、本来の味そのままというのが感じられにくくなるものです。

味覚以外でも聴覚、視覚、嗅覚、触覚、仏教ではそれに加えて心で感受するもの、それらを思考やなにか先入観なしで感じるというのは、思った以上にムツカシかったりするものです。その余計な思いや思考なくして、みたり、きいたり、さわったり、感じてるみることというのが、とっても大事です。

 

冒頭のおいしい瞬間というのは、まさに何も考えてなく、先入観もなにもないところでの感覚です。こういったところから様々なものを眺めてみますと今までと違った新しい発見があるような、新しい世界にきたような、新鮮な感覚があります。

わたし達がまだ小さかった子どもの頃というのは、多分色々とムツカシイことを思考していなかったはずです。目の前にプリンがやってきたら、それがただ美味しかったりするだけです。イヤなことがあっても次の瞬間には別のいいことで笑い転げていたりします。そういったのは右脳的な感覚であって、左脳にいては味わえないものです。この右脳の感覚というものは、左脳つまり思考が減ると出てきやすくなります。

ジル・ボルト・テイラーという脳科学者は脳卒中になって突発的に左脳が完全に機能しなくなった時に、痛みでパニックになったのではなく、今まで経験したことのない至福の境地だったと「奇跡の脳」 奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫) で綴っています。左脳が機能を失うと、右脳だけの世界になります。その時の境地を彼女はいまだかつて経験したことのない至福の境地「ニルバーナ」(涅槃)と表現しています。

 

 

 

思考を減らすことが指標となりますが(もしくは思考に気づくこと)、使い分けをします。社会生活においては当然左脳の活用が必要です。思考を減らすというのは余分な思考に入るのをやめるということ、つまりあれこれとどうにもならないことの思考を続けない、物語を作らないということです。例えば大事なものをなくしてしまった時のわたし達は、あれが悪かったのかなとか、もっとこうすればよかったとか、あーあガッカリだーとか後悔の思いや思考が連鎖して出てきて、グルグルと際限なく感情と思考が続いてしまったりします。

過去に起こったことはどうしようもないことです。そうなるようになっていただけです。

といっても思考は出てきます、それを止めようとせずに、あー思考が出てきたなーと気づくこと、あーまた出てきた出てきたとニターっと眺めます。

 

思考が出てくる0.5秒前をみてください、そこに何がありましたか。

そこには何もなかったはずです。思考がどこから出てくるのか、それを観ます(感じます)。

なにもないというものを感じる、これがシンプルで強力な瞑想になります。

 

なにもないというものを感じるやり方については、おいおいブログに追加していくつもりです。

 

やがて、なにもないということの大きな理解が起こると、目の前のそのままがあるがままで間違いないという確信になります。ただ起こっているのだなーということが明確にわかります。

 

なにもないというのはとっても深くて、深まれば深まるほどどんどん出てきます、多分そうかな?(笑)

そうするとまた先があって続けば続くほど、飽きさせることがないとっても深いものとなっていきます。