つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

喫茶去(きっさこ)

「喫茶去」という禅語があります。

喫茶去 | 禅語を味わう || 黄檗宗 少林山達磨寺

 

禅の研修会などでもお話になったこともある言葉です。

こちらは表面的な意味とさらにもっと深い深い意味あいがあります。

 

なのですがシンプルに、ホッと美味しいお茶を飲むのはこの上なく幸せな感じです。

最近はカテキンの効果を考慮して温かい緑茶をほとんど毎日いただいています。

 

温かさとお茶の味、カップを持つ手に伝わってくる温かい感じ、飲んだあとのほ^^^^^^^^^^^^とした感じが、たまりません。

 

夏の暑い季節だからこそ、温かいお茶を飲むのはホントに何かをリセットしてくれるようです。