つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

スゴイねー

斎藤一人さんの著書

「斎藤一人 世界一ものスゴい成功法則」 (語り下ろしCDつき!)」を読みながらCDを聞いてみました。

大まかな内容は「わたしはスゴイんだ」

と言い続けるといいことが起きるということのようです。

 

そこで、凡人だから「わたしはスゴイ」と言えないという質問者さんがいて、

それに対する回答は「わたしは凡人のままでスゴイんだ」と言いなさいということでした。

解釈するにそのままであなたはスゴイ人なんですよということじゃないかと。

 

また「わたしってスゴイねー、あなたってスゴイねー、みーんなスゴイねー」というフレーズは以前も紹介して話しておられましたが、

それは自分だけが特別でスゴイわけではなくて、

自分も周りもみんなスゴイのですよということだと解釈できます。

 

スゴイねーって言われるとなにか特別感があって、

ちょっぴり優越感のある偉い人のような意味合いに感じるかもしれませんが、

自分だけの特別じゃないってことです。

 

だから、もし仮に「スゴイねー」って言われたら、

得意になることもなく、

相手を疑うわけでもなく、

ただ「ありがとう」でいいんじゃないかと思います。

 

それぐらいの軽いスゴイ人っていうのが、

自分も周りもハッピーにしてくれるような感じがします。

 

禅には心配も問題もありません。

すべてがあるがままで、そのままで深い安心でいる境地です。

 

ひとりさんの言葉を使ってみるのも面白いかもしれません。