読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる 海と空と水の色

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところについて書き記しています。元来の幸せ感が実感できない時にわたし達は不安や不満になり迷い続けます。各々にもれなく備わっている本来の感覚に触れたり気づくことで充足されますが忘れてしまい様々な苦しみを経験します。その感覚は右脳で味わってみるとなんとな~く感じられるものです、右脳でほわ~っと読んでくださると新たな気づきがあるかもしれません。

タッチと回す

探究の手引き

引っ越しをして新しいガスコンロになりました。

今までの押しながらぐるっと回すのじゃなくなって、しばらく押してチチチチと音をきくタイプになりました。

タッチだと、ワンタッチのようにぽんと一つの動作ですぐに動作が起こります。

回すのだと、日頃使わないからだのある部分を使って力を入れながらスイッチを入れます。

タッチはデジタルっぽくて、回すのはアナログっぽいです。

昔の黒電話もジーっ、ジーっと回してはさらに戻ってくる動きがありました。

 

日頃の何気ない動作がどんどん進化と共に速くなって、カンタンになっています。

書くこともパソコンでできます、以前はペンや鉛筆に万年筆、それ以前は墨と筆でした。

手間も省けてカンタンになった分、動作をするときに感じる感覚というのもスルーされやすくなります。

 

書く時の感覚ってありますよね、でもパソコンでも実はあることに気づきます。

指がボードにあたる感覚とか、キーを押す音とか跳ねる音とか。

 

何気ない動作にも見過ごしている感覚があるものです。

感覚に意識を向けていると、勝手に思考が湧いてくるのがわかります。

その思考にはちょっとしたアイデアのようなものも含まれます。

 

こんな感じでアイデアを出そうと思わずして出てくるものって、本音にそったかなりいい感じのものが多いです。

 

日常のちょっとした動作から遊んでみるのも楽しいのだなと思います。

楽しいというのは、感覚的な気づきがあるということです。