つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*掘り起こし「夢や希望もいいけれど 2007/2/5」

2007/2/5のブログより

 

 先日ヘアーサロンに行った折、耳にしたことば

「今年の冬は、なんだか冬らしくない冬ですね~。

暖冬だかなんだか知らないけど、

むかしみたいに深々と冷える感じがないですね。

かといって、

ほんとに寒い日がくると

また、ぶうぶう文句いってるんでしょうね」

 

そうなんだな~。

いつも気がつくと無意識にこうだったらいいのにな、

こうでなくちゃ、

なんて言葉を使ったり考えています。

 

自然と、

思っているようになっていないものに向く(フォーカスする)

ようになっているようです。

同じ事実でも、

たとえば

「今年の冬は暖冬で

ほんとうに幸せで寒さを凌ぎやすくていいですね」

なんてことは舌先からも出てきません。

 

あんなに欲しかったものなのに、

手に入ってしまうと、うれしいのも束の間で、

もうすぐに

次の欲しいものに目がいってしまいます。

 

自我の「わたし」にとって手に入らないものは、

もうこれが欲しい~欲しい~と

終始とらわれてしまうのですが、

一旦手に入ってしまうとあっさり、

手に入った、いまあるものが色褪せてみえてきます。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

よく考えてみると、

これがあれば絶対うまくいくのに、とか

これさえあればもう他は何にもいらないと

思ったものであっても、

本当にその通りになったことはかつて一度もないです。

仮に思ったとおりに願いが叶ったとしても、

手に入れてしばらく経ってみると、

実際はあれ~こんなはずじゃなかったのに、

ということが殆どだった気がします。

 

反対に手に入らなかったから、

ひどい目にあったなんてこともなかったのです。

しかし懲りずに

今度こそは、

これさえあれば幸せというものを無意識にいつも探しています。

使うつもりで買ったものの、

活用することなく、しまったままになっていたり。

食べたくて仕方なかった、

なかなか手に入る機会のないお菓子は、

少し食べただけで飽きてしまったり。

 

それらを手に入れたときが幸せのピークであって

後はずっとは長続きしないみたいです。

よくよく観察するとなんだかすごく効率悪いです。

すごく憧れてひたすら思い続けているのに、

幸せはちょっとだけの短いひと時だけ。


そして、

あまりに熱望すると疲れてしまうこともわかってきました。

そして、

こうなりたいだけのものに目を向け続けると、

いまの幸せが自然に薄く感じられてきます。

 

例えば、こうです。

いまの状態がAで、こうなりたいがBだとします。

A~Bへ移動したいのになかなかなれない、とします。

いまのAは特に不満もなくて、

すでにちゃんと過ごすことができています。

でもBにばかり目を向けていると、

なぜかいまのAがこうなりたいではない状態、

つまり、不満もしくは幸せではない状態にすり替わっています。

それに付随するかのごとく、

現実もいまの不満ない状態から

なんと不満のある状態へと変化してしまいます。

ということは、

もっとこうなりたいもいいけれどや

もっとこうであったらいいのだけれど、

と思うのは構わないですが、

いつでもいまある幸せを充分に感じる方が

効率は、はるかにいいようです。


そして、

たまにこうなりたい、

こうなったらいいな~、

ならなくてもいいけど、

なったらいいな~ぐらいが

逆にうまくいったりして、いい感じみたいです。

ストレスがなくて、ラクな方。

がんばらない新しい生き方なのかもしれません。


いま不満だなーを思うと不満が投影されて、

不満に思うことが引き寄せられてきます。

現状のなにか1つでも2つでも満足した気持ちや感謝を思えば、

満足するような現実が引き寄せられます。

 

禅はこの引き寄せを使って満足する現象を引き寄せましょう、

というのではなく、

この引き寄せを使うと

心が穏やかに、閑(しずか)になりますから、

そこであの心地よい感覚が感じられやすくなりますよ、

ということです。

 

そして付随したおまけとして、

満足するような現実も引き寄せられるかもしれませんが、

それを目的にはしていません。

禅の本質は、

思うようなことが起こっても起こらなくても、

「在る」という感覚においては、

何も問題ではない、そのままでOK

というように感じられてしまうということです。

 

たとえば宝くじで5億円当選した瞬間(とき)には、

目の前に少々イヤなことが起こっても全然気にならない

と思いますが、

そんな感覚でなにも問題なしと思える、

あるがままでいて安心して、

非常に穏やかで、

ゆるぎない安寧な感覚です。

  

 

 

f:id:tunagaru-sekai:20151028222057j:plain