読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる 海と空と水の色

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところについて書き記しています。元来の幸せ感が実感できない時にわたし達は不安や不満になり迷い続けます。各々にもれなく備わっている本来の感覚に触れたり気づくことで充足されますが忘れてしまい様々な苦しみを経験します。その感覚は右脳で味わってみるとなんとな~く感じられるものです、右脳でほわ~っと読んでくださると新たな気づきがあるかもしれません。

「ブログの名前も諸行無常」 掘りおこし2013/4/29

掘りおこし 2012から

ブログというか屋号のようなネーミングが、約15年の年月とともに変化しています。

ブログを立ち上げる前は、ホームページを作っていたり、セッションする屋号を考えたりしてつけていました。 

 

まず最初は、「holy garden」
この世界とは聖なる遊びの庭みたいなもの、という意味から。

「Ordinary」
OSHOの禅タロットから、特別な瞬間が普通の瞬間になりうる、から。

「虹としずく」
虹やしずくのように、儚く消えるものが美しくて愛おしく感じられた頃。

「軒の玉水」
しずく(玉水)が好きで、しずくの意味が含まれる禅のことば。

「ホットリフレ」
ホッとしたら、自然にリフレッシュしてるものなのだなーという思いから、語呂合わせ。

「海と空と青」
海も空も地球は同じ色、ただ青という色である。

「幸せホ~~ッ」
ホ~~ッとしたら、シアワセな感じがふっと湧いてくる感じ。

破顔一笑
一笑は、一生や一勝にも通じる音の響きで、たった一度少しだけ笑うだけで人生がゆる~くなって一生幸せな感じがしたり、なーんか人生笑ったもん勝ちみたいな意味合い。

 

その時その時でピッタリくるものをつけて、楽しんでいるようです。

そしていまは、屋号はほとんど使用せず、氏名だけでなんとなく済んでしまっています。