つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*掘り起こし「とある詩 2008/8/5」

韓国ドラマ『私の名前はキム・サムスン 』をみて、

なんとなく響いた詩です。

 

*愛しなさい、傷ついた事がないように*

踊りなさい
誰も見ていないように

愛しなさい
傷ついた事がないように

歌いなさい
誰も聴いていないように

働きなさい
お金が必要でないように

生きなさい
今日が最後の日のように

 

思わず背筋が伸びて、中心が定まる感じします。

いったいどんな方の詩なのか

調べてみると

ルフレッド・D・スーザ(牧師)さんの

ことばだそうです。


これって何かに似ています。

「いまこの瞬間に、ただ在ること」

いまにいる感覚。

 

    

以上2008/8/5のブログ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

こちらの詩の、違う訳がありました。

簡易版といった印象です。

幸せは旅の過程であり、目的地ではない

 

踊れ、誰もみてないかのように

 

愛せ、一度も傷ついたことがないかのように

 

歌え、誰も聴いてないかのように

 

働け、お金が必要ではないかのように

 

生きよ、今日が最後の日であるかのように 

 

 

 

スーザ牧師の違うことばもありました。


ずいぶん長い間、人生、

すなわち『本当の人生』とは

これから始まるものだと思っていた。

 

ところが、

行く手にはいつも様々な困難が立ちはだかった。

 

先に片付けなければならない用事があったり、

仕事が残っていたり、

当分何かに時間を取られそうだったり、

返すべき借金があったり。

 

そういうものが済んでから

自分の人生は始まるのだと思っていた。

 

しかし、私はようやく気付いた。

こういった困難そのものが私の人生だったのである。


 アルフレッド・D・スーザ

 

 

どの詩からいずれにしてもスーザ牧師から

とっても深いことばが、

紡ぎだされているなーと思います。

 いのちというものを

真剣に生きてこられたんだろうなぁという

軌跡みたいなのが感じられてきます。

 

 

 

誰もみていないように踊り

傷つくことを考えないで愛し

誰が聴いているわけでもないように歌い

お金の為の仕事をしないで

今日の1日を最後の日のように生きる

これらは

相対の生き方ではなくて

絶対の生き方であって

だからこそ

ただすることに通じるし

ただするということはそれがそのまま

真実の生き方になるのだと思うのです。

 

わかりやすいことばで、

わかりやすく表現しているなぁと思います。