読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる 海と空と水の色

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところについて書き記しています。元来の幸せ感が実感できない時にわたし達は不安や不満になり迷い続けます。各々にもれなく備わっている本来の感覚に触れたり気づくことで充足されますが忘れてしまい様々な苦しみを経験します。その感覚は右脳で味わってみるとなんとな~く感じられるものです、右脳でほわ~っと読んでくださると新たな気づきがあるかもしれません。

「とある詩」 掘りおこし2008/8/5

ことばの誦経(ずきょう) 掘りおこし 2012まで

韓国ドラマ『KNTV 私の名前はキム・サムスン 』をみて、
こころに響いた詩です。




*愛しなさい、傷ついた事がないように*

踊りなさい
誰も見ていないように

愛しなさい
傷ついた事がないように

歌いなさい
誰も聴いていないように

働きなさい
お金が必要でないように

生きなさい
今日が最後の日のように

 

 



思わず、息をのんでしまうことばです。
背筋がしゃんとなり、中心が定まる感じがします。

いったいどんな人の詩なのか、調べてみると
アルフレッド・D・スーザ(牧師)さんのことばが
詩になっているようです。


これって何かに似ています。
そう
「いまこの瞬間に、ただあること」です。


 禅も他のものも大切なことは、みんな同じだということなのですね・・。

 

十牛図―もうひとつの読み方

十牛図―もうひとつの読み方

 

 

 

☆ ー ☆彡 ー ☆ ー ☆彡 ー ☆ ー ☆彡

 

 この詩をブログにしている記事がいくつかありました。

 

「幸せは旅の過程であり、目的地ではない」というフレーズもあるようです。

「幸せは旅の過程であり・・・」 (アルフレッド・D・スーザ) - コトノハ : * 風のある場所 *

 

 

スーザ牧師の違うことばもありました。

the giving tree: 「…生きよ、今日が最後の日のように」 から

 

ずいぶん長い間、人生、すなわち“本当の人生”とはこれから始まるものだと思っていた。
ところが、行く手にはいつも様々な困難が立ちはだかった。
先に片付けなければならない用事があったり、仕事が残っていたり、当分何かに時間を取られそうだったり、返すべき借金があったり。
そういうものが済んでから自分の人生は始まるのだと思っていた。
しかし、私はようやく気付いた。こういった困難そのものが私の人生だったのである。
 アルフレッド・D・スーザ

 

 

 

 

いずれにしても、スーザ牧師から
とっても深いことばが、紡ぎだされているなーと思います。