読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる 海と空と水の色

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところについて書き記しています。元来の幸せ感が実感できない時にわたし達は不安や不満になり迷い続けます。各々にもれなく備わっている本来の感覚に触れたり気づくことで充足されますが忘れてしまい様々な苦しみを経験します。その感覚は右脳で味わってみるとなんとな~く感じられるものです、右脳でほわ~っと読んでくださると新たな気づきがあるかもしれません。

半分努力して半分は努力しない、伝わることと伝わらないこと

シンプル禅

ブログを書くことを通して、伝えたいことや思うことを表現していますが、読んでくださる方から、色んな感想や言葉をいただきます。

 

心がザワザワしている時に、読んだらスーッと落ちついたとか、

ちょうどタイムリーな記事だったとか、

感想をくださる方の多くが、陰ながら読んでいますー続けて書いてくださいねーという、熱くもなく冷たくもない温かい反応なのです。

じつはとっても有り難いのですよねー。

誰に言われるわけでもなく自主的に書いているわけなので、別に褒められようがけなされようが、全然関係ないところなのですが、さりげなくやる気にさせられてる感というのは、嬉しいなーと思います。

 

人と実際に会ってお話をする場合も、ブログなどを書く場合も、

そんなにうまく言葉を使わないように、でも言葉でも伝わるように心がけています。

究極的に伝えたい・伝わるといいなーと思うことは、言葉ではないものだと思っているのですが、そういったことが理解できるケースは多分かなりの確率で低いのかなと思います。

なので言葉を聞いたり読んだりして理解できなくて、知ろうとすることが続かない場合も多いのだろうなと思います。

ただ実際にお会いしたことのある方や、実際に会って話しているときなどは、言葉以外の情報が伝わりやすくなると思うので、そんなに言葉に気を遣わなくてもよいという気楽な感じもあります。すると、ますます感じとってもらえる場合もあります。

 

言葉で伝えることは大事ですし、言葉も大切なのですが、言葉だけでうまく伝えようとすると、どうもズレてしまう感じがあるのです。

なので、できるだけ言葉による言葉の表現は避けたいと思います。

このようなことを書くと、わからない方はますますわからなくなると思います。どうぞ、そのままで大丈夫です。

 

そういったスタンスということを認識しながら、また思いついたことをブログに記していきたいなーと思うのでした。

 

実際に言葉がない方が伝わるってこともあるのですから。

必要によって言葉というのは、利用すればいいものだと思っています。

 

言葉=思考であって、思考ではない部分の方が圧倒的にわかりやすかったりします。

例えば味というのは、お料理について言葉を通してのおいしいということと、食べたことで感じたものがおいしかったというものは、まったく別のものです。

言葉に変換することは、言葉での表現や理解ではあっても、それはおいしいってことがそのまま伝わることとは違うわけです。

 

幸せになることをすることと、
いま、
ほんのちょっとでもシアワセだなーーっとくつろいでいられることとは
まったく違うのです。