読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる 海と空と水の色

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところについて書き記しています。元来の幸せ感が実感できない時にわたし達は不安や不満になり迷い続けます。各々にもれなく備わっている本来の感覚に触れたり気づくことで充足されますが忘れてしまい様々な苦しみを経験します。その感覚は右脳で味わってみるとなんとな~く感じられるものです、右脳でほわ~っと読んでくださると新たな気づきがあるかもしれません。

やりたいことをいまやる

シンプル禅

禅の研修会のお話で、「もし余命数カ月だと宣告されたら」というのがあります。

 

残された命があと数カ月しかないとしたら、どんな風に感じられるでしょうか。

こうやって新緑の若葉をみるのも、今回限りだなー。

いま、ゆっくりと美味しいコーヒーを飲んでいること、

そういったことを普段以上にしみじみと味わい、感慨深く感じるかもしれません。

 

命というのは終わりがあります。

命に限らず、目にみえるものすべてに始まりがありそして必ず終わりがあります。

終わりがあるので限られた命の営みのなかで、本当にやりたいこと、つまり魂の願望とでもいうものに気づいて、それを後回しにしないで、いまやるということが大事です。

 

やりたいことがわからないという方も多くいらっしゃると思います。

やりたいことをいまやっているがうまくいかないという場合もあると思います。

ときには、やりたいこととはかけ離れたことしかできない時もあります。

 

そこで

禅に於いての「虎の巻」を知っておくと、かなり道筋がスッキリとしてシンプルになってきます。

それは

やりたいこと = それをやることによって幸福感を感じられること

つまり、成就された時に感じられるハッピーや幸せ感や安心できる平和な感覚

= それこそが魂が本当に求めているもの

この公式をまず知って、からだに落とし込んでいきます。

 

そうでないと、頭だけの知識に終わってしまい、

いざという時やとっさの時にすっかり忘れてしまって、

ものごとの表面のみに捉われて大きく流されていく道筋になります。

(もし万が一そうなったとしても問題ありませんが・・)

あくまでも「本当にやりたいことは、成就したときのような幸せな感覚を味わうということ」これを忘れないようにします。

 

 

そこで冒頭の

「本当にやりたいこと、つまり魂の願望とでもいうべく、やりたいことを後回しにしないで、いまやるということ」は
じつは「いま幸せな感覚を味わう」ということ、になります。

やることではなくて感じること、と言い換えることもできます。

 

ものごとをなし得なくても、うまくいかなくても、
いま風が心地よいな~とか、お茶が美味しいな~とか、
空を見上げて気持ちいいな~とか、お風呂に入って温かくて幸せだな~とか、

そのときその状況で、五感で感じられる心地よさを感じていくということです。

感じられ方は千差万別なので、自分にとって「こういうのがいいみたい」というのをみつけていくとおもしろいです。

人によっては、編み物をしているときかもしれないし、料理をつくっているときかもしれないし、絵を描いたり書道しているときかもしれないし、車を運転しているときかも・・・いろいろあるはずです。

五感から刺激を受けて、穏やかな心につながると必ず幸福感と結びついていきます。

 

ただしこのことを予備知識として知っていないと、いま心地よいことをしていても自覚しないで過ごすことになります。そうなると、すんなり結びついてこないです。

 

くり返しお話を聞いたり、知らなくても試行錯誤したりしたりして、なんとなく理解されてくることかもしれません。

 

この幸せな感覚というのは心が忙しいと、なかなか感じられにくいです。

坐禅や瞑想というのは、幸せ感の芽を育んでくれる大事な機会になります。
(観るということも含まれます)

そういった心地よさ幸せな感覚を味わうひと時こそが、やりたいこと。

それをいま味わう。

なにも、ものごとが成功したき、うまくものごとが運んだとき、そういった思う通りの状況に限定することはないのです。

自我(エゴ)はうまくいったことだけに限定して、
厳しくて、辛口のささやきを何度もくり返してきます。

エゴと一体になると心が非常に忙しくなって、幸せ感どころではなくなります。
エゴのささやきは、放っておきましょう。ただ観ていましょう。

うまくいくことに限定する今までのやり方というのは非常にもったいないです。

命ある人生の期間というのは、エゴにつきあうほど長くはないものです。

 

いまやりたいことをやる。

そのときの自分なりの幸福感や平和な感覚を味わうということ。

 

それがと~っても大事なことなのです。

 

こういった禅のエッセンスは非常に明解でシンプルであり、
ものごとや日常の暮らしや生き方までシンプルにしてくれて
スッキリと涼やかに一日一日を過ごさせてくれるものです。

 

 

 

 

ブログだけでは体感する場を共有しないので片手落ちかもしれませんが、

不特定多数の方に触れる機会があるというのも

ブログならではの強みだと思いますので、

いまどきの禅、というスタイルで悪くないかもしれないです・・