つながる 海と空とkumo

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところを記しています。わたし達は元来の幸せ感を忘れていることで不安やときに不満になり迷い続けます。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは禅ともつながっていて、さらに本当のしあわせにも通じる扉でもあります。

禅 ー ZEN とは

禅をシンプルに2点に絞って説明すると・・・

 

一般的な幸せは、お金を得たり社会的な成功を果たしたりといった

なにか目標を達成する幸せで、

なにか手段や行為を介する幸せなのですが

 

禅は、何かを得たり目標を達成する幸せでなく

手段のない幸せであり、 

手段や行為を介すことのない幸せというのが大きな違いです。

(かといってお金や社会的なことを否定しているわけではありません。)

ただ目標が叶ったからといって幸せになるとも限らないです。

 

 

ー究極的には結果や目的さえもないところの幸せです。ー

 

幸せというのも言葉の表現で

各々それぞれ違った感覚がありますが、

穏やかさや

心地よさ、

閑さや、

安らいだ感覚、

満たされた感覚、

溢れる十分な感覚、

涼やかでなにもない感覚、

大安心な感覚、

充実した感覚・・・・。

なにかもう十分幸せなのだなーという感じの幸せです。

 

よくdoingとbeingの違いといわれますが、そういった違いということもできます。

 

また、禅を「引き寄せ」のツールとして

得たい現象を引き寄せるというのが主流ですが、

モチベーションやきっかけとして、またプロセスとしてOKだと思います。

もちろん、それはそれでも十分ですし何も問題はありませし必要だと思います。

ただ、本来の禅からするとおかしな話で

本末転倒にならないよう気づきをもちたいところです。

 

なぜなら

引き寄せをしないのが究極で最強の引き寄せだと思うからです。

 

ーまた究極の禅は、引き寄せる人も引き寄せるものもなにもないですー

 

 

もうひとつは

この幸せな感覚というのが

意識を向けていくと、やがてはっきりと感じられるということです。

 

正確には、自分が努力して自覚できるようになるのとは違い

ある感覚を体験するという出来事が起こります。

ある感覚がどういうものかというのは人によって感じ方が違い

どれくらいの期間でとか、

いつ頃というのは未知の領域ですが

意識を向けていくことで

いままで感じたことのなかったような幸せ感だったというように

気づくことが起こります。

 

 

以上はシンプルにまとめた、とっても大事なポイントです。

まず、この2つの原則を知っておくということが大事だと思うのです。