つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*思考を介さなければシアワセに違いはない

なにかにつけ違いをみつけて指摘するのは思考の得意技です。

思考を介さなければ、

しあわせだな~と感じられる感覚にも

優劣や甲乙といった違いはない、です。

 

たとえば、
コンビニでお気に入りのドリンクを選択して飲んでいるときの

美味しいな~と感じる感覚と

海外旅行先の一流ホテルのアフタヌーンティーを選択して

お茶を飲んでいるときの美味しいな~って感じることに

感覚においては、じつは実は大差ないです。

 

ところが思考を介すると途端に

後者はすばらしくて、しあわせであるけれども、

前者はお世辞にもしあわせとは言えない、

ってことになります。

 

ではでは、本当にそうでしょうか。

お茶ひとつにしても、飲んでいるときに最初のひと口の

「あ~おいしいな~」というのは、あります。

すぐさま、比べる性質の思考が働きますが、

その思考が働かないひととき、

その思考が湧いてくるほんのちょっと前は

あれがよくてこれがいまいちの「おいしい」ではなくて、

ただ「おいしい」という感覚があるだけです。

「おいしい」ときには、 
「あ~おいしいなぁー」という感覚があるだけです。

 「おいしい」瞬間にいて、そこから離れることがなければ

ただ「おいしい」だけです。

 

 

そんなことはないなーと思われるとしたら

思考と感覚(五感)がぴったりくっついている状態だと思います。

頭で作り上げる思考やイメージと、

しあわせがセットになっている「しあわせ」です。

感じることをおざなりにして思考ばかりでいると

いま食べたり飲んだりしているものの味も

じつは、よくわからなくなっていて、

舌で感じられる違いや匂いや味、

風味の感覚もほとんど感じることなく

口に運んでいるだけになっているかもしれません。

 

自我の「わたし」は成長とともに思考を駆使して操っていくことで

幸せになろうとする性質があります。

 

思考のないところが本当にしあわせを実感できるスペースです。

それが「無」や「空」と通じるところでもあるのですが、

「無」や「空」においても思考を使って会得しようとします。

 

本当のしあわせの感覚とは、

赤子のときのようななにも思わない先のしあわせです。

修行して得るものでもなければ、

なにかを捨てて得られるものではありません。

 

赤子のようなこころを思い出しさえすれば、感じられるものです。

得たものは必ず失われますが、

もとからあるものは決して失われることがありません。

 

一休禅師のことばで

「幼子が次第しだいに智恵づきて仏に遠くなるぞ悲しき」

というのがあります。

智恵というのは思考のことですが、

子どもは思考を身につけて大人になっていきます。

その思考が感じることや感覚を阻害しています。

思考を緩めたり、思考が緩まると、

色んなことが感じられやすくなります。

考えることではなくて感じるということに意識をあわせると

季節によって移り変わる空気の匂い、とか

空の青さの違いとか、

音楽を聴いたときの音色の感覚の違いとか、

なにか

まわりからの心地よさというようなものもキャッチしやすくなります。

 

そういった心地よい感覚を

日常の合い間に意識してみることを約2カ月間続けると

以前と違った感覚というのが芽生え始めるようです。

細胞レベルでなにか変化があるそうです。

 

 「無」や「空」になろうとするのではなくて

もとからあるところに戻りさえすればよいのだ、ということ。

 

ほんのちょっとの間でも

思考を介さないでいる時間をもってみること。

お手軽なのは、

ゆっくりと味わうお茶のひとときがイチオシですが

なにも考えることなく、

からだや手を動かしていると自然に心が落ち着くような

すっきりしてくるような

考えることから解放されるようなもの、

無意識に好きでやっているものだったりします。

山登り、お遍路さん、

ヨガ、マッサージ、散策、ダンス、

編み物、手芸、刺繍、

お料理、音楽、

絵描き、塗り絵、書道、などなど

それをすることで自然に考えなくなるようななにか。

思考が落ちてくると右脳の働きが優位になりやすくなります、

右脳が活性化されると同時に感じることにつながります。 

 

これらは

学力重視の教育としては、重要視されにくくて

取り入れられる時間も少なく

教育現場では、おざなりにされがちだったりします。

 

少し思考から離れたり、

ウォーミングアップできてからの

坐禅や瞑想もよいと思います。

いきなり坐禅や瞑想は、

むつかしいと感じられたらムリしないで

できるところから少しずつでも充分かもしれません。

じつは、がんばらないでちょっとずつでも

続けることが意外に早道だったりします。

思考はがんばって一度にたくさんのことをやろうとしますが

長期的には息切れしてしまいますから。

 

息切れしない程度に取り入れて、

味わっていくことに重きをおいていくと

疲れることがありません。

 

坐禅はマラソンのランナーズハイの要領と同じで、

最初はそうでもないですが、

しばらく走ってみるとハイになるように

しばらく坐っていると、もう心地よくなってしまう

ということをいずれ経験されると思います。

いわゆる「三昧」といわれる境地です。

すると、また坐らずにおれなくなるかもしれません。

 

結果を期待しなければ、

これほどラクなものはないかもしれないです。

しかしどうも思考のクセで結果を期待してしまいます。

こんなときには、どうしたらよいか。

いろいろとやってみると質問が出てくることと思います。

そのときの疑問に

ヒントになりそうなことをお答えできるだろうと思います。

しかし実際にやってみることがなにより大事で、

疑問がでてきても、まあいいかぁと

答えを求めなければ勝手にこたえがやってくるものです。

 

いま海外旅行や外に出かけられなくても、

ここが最高でしあわせなのだな~と

実感することができるようになるものだと思います。

ただし、いつなるか、どういう風になるか、なんてことは

誰も知らないし、知ることができない領域です。

思考で考えてもどうにもならないことは、

「知らな~い、わからな~い」としてお任せしきっていられることが

おおきな安らぎであり、安心しておれることでもあると思います。

 

前述の海外旅行は、決して否定しているものでもありません。

日常のフツウの生活の中で

充分シアワセだな~と思えることにたくさん触れている方が

たまに海外旅行にでかけて幸せを感じるよりは

はるかに数多くのしあわせな機会がありますよ、ってことです。

行ってみたいところは、はるか遠くの地であっても

シアワセだな~っていう感覚は、いまここを離れずしてこそ

充分感じうることのできるものです。

また、

日常でのシアワセだな~とか心地よさを感じるように過ごしていると

海外旅行の折に、最高に幸せだわ~って思うぐらい

シアワセ感を感じられることと思います。

 

 

 

最近のお気に入り 


宇多田ヒカル - traveling