読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つながる 海と空と水の色

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところについて書き記しています。元来の幸せ感が実感できない時にわたし達は不安や不満になり迷い続けます。各々にもれなく備わっている本来の感覚に触れたり気づくことで充足されますが忘れてしまい様々な苦しみを経験します。その感覚は右脳で味わってみるとなんとな~く感じられるものです、右脳でほわ~っと読んでくださると新たな気づきがあるかもしれません。

今日が人生で最後の日だとしたら・・・

徒然エッセイ

日々暮らしていると、いつの間にか

ついついいつもあることが当たり前となって過ごしがちです。

なので

今日やらなくても、別に今日じゃなくていいやとか

明日からやろうとか

いつでもやろうと思えばできるし、

やらなくちゃいけないことがたくさんあるし

なーんて

なにかを後回しにして、日々のルーティンに流されてしまいがちです。

 

せっかくいのちのあるときを

なにに時間を使っていくのか

どう過ごしていくのかということを

ときには、いつもと違って

すこーし立ち止まって

みてみる時間が必要かもしれません。

 

人それぞれ、そのときに大事だと思われることは違います。

その人のその時の感覚で本当に大事なものを感じてみると

なにが大事なのかわからなくても

なんとなく

感じられくるかもしれません。

もしかしたら

思考で大事と思っていたことと違うことが

本当は大事だと感じられるかもしれないです。

 

もしその時になにも感じられなかったら

ガッカリしないで

なんだろうな~、わからないということを残しておきます。

そして

日常を過ごしていく中で

あ”-、わたしにとってはこれが大事なものなんだなーと

気づくタイミングもやってくることがあると思います。

 

いま、わかっていても、

わからなくても、

もし、今日が人生で最後の日だとしたら

どうやって過ごしたいかな・・・

なにをしたいのかな・・と

思考ではなくて

感じて行動してみるというのも

なにか発見があるかもしれません。

 

普段気づくことのなかったことに

気づくことができるのは

なんともおもしろくて、快くてたのしいことです。

 

思考での戦略ではなくて

感じてみることが

新しい発見につながって

人生に潤いを与えてくれます。

 

今日が人生で最後の日だとしたら・・・

たまには、

そういう日をつくって過ごしてみるのは

リセットかもしれないし

休息かもしれないし

新鮮にみることかもしれないし

なにかをもたらしてくれることと思います。