つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

気分や調子の上がり下がり

いつもよい気分でいたい。

いつもしあわせな気分や感覚でいたい。

 

気分悪く思うのではなく、よい気分でいたい。

そのためにまわりをよくなるように改善して

気分が落ち込まないように、いつもチェックして、下がっていたら持ち上げて・・・

 

なーんていう感じで無意識に行動してしまいがちです。

 

たいがいの自己啓発などは、そういった傾向のものが主流です。

 

それはそれで問題ないと思うのですが・・・

 

ただ、そうやって頑張ったとしても

どうしてもできないときがあったりしますし、

そのときに悩んだり苦しんだりして、

さらに、これじゃいけない・・・と奮闘します。

 

いつか、きっと

気分がずーっと上がることが実現することを知らず知らず目標にして・・。

 

 

そこで、ハタと疑問が起こるかもしれません。

あれ??・・・いつも、こうやってがんばってはいるけど

なんだか、どこか、違うかもしれないって。

 

 

そこで探究が始まるのですが

 

もし気分が下がっても、禅はそれを悪いとはしないです。

もし気分を上げたかったら、そうしてもよし。

ただし

気分が下がったことを悪いと判断しないのです。

なので、あー気分が下がってるな・・・・・だけで

いいとも悪いとも、どちらもありません。

 

諸行無常」ということばがありますが

世の中のことは絶えず、変化しているのが真理です。

株も上がれば下がります。

業績も売り上げも、出来具合も、評価も、財産も、友人も、体調も、気分も・・・

あらゆるものは一定ではないのが当たり前です。

ですが

自我というのは、まわりのものを常によいように欲します。

無意識なので、ほぼ自動的になります。

リンクして自動的になってしまうので、疑問すら湧かないのですが

そのままでいると

人生の色んな場面で苦しさがじわじわと押し寄せてくることになります。

 

 

 

違う関わり方もあります。

 

気分が落ち込んだり、下がったとき(悲しい、イヤだ、辛い、苦しいなど・・)に

「あーーー、気分が下がってるな~」とただ俯瞰するだけ、

なーんにもしないでいます。

または

「気分が下がってるな~」まあ、これもいいか~~。

こんな風に

下がった気分に対して、排除せず、変えようともせず

ただ、気分が下がってるな~、です。

 

坐禅や瞑想というのは

こういったことがムリなく、為されるようになります。

 

考えれば考えるほど、むしゃくしゃしたり、イライラしたり

落ち込んだり、などいろいろ増長されるものですが、

禅ですと

ただ、気分が下がってるな~。だけで、それ以上考えなくなります。

もしくは、考えてもすぐにやめることができるようになります。

思考から離れることができるといった感じです。

 

これは精神衛生上とても、すっきり、明快です。

 

 

 

そして、この気分が下がってるな~、まあ、いいかーーとしていると

どんな展開になると思いますか?

 

これは実際に経験して試してみるのがよいのです。

百聞は一見に如かず、なんです。

 

 

少しだけヒントをお伝えすると・・・・

(少しのつもりが、少しじゃないのがいつもの傾向・・・苦笑)

 

 

気分が下がってもいいかーー、と

少なくともそれに対して悪い気分ではないですよね。

場合によっては、気分が下がっていても気楽でいられるかもしれません。

そうなると

自然に

気分に変化が起こるのです。

 

よくなっちゃうんですね。

 

心底そう感じられたら、目の前の状況というものはいとも簡単に変化します。

すぐに変化するか、のちのちじわじわ変化するか

それはわかりませんが

眉間にシワを寄せて四苦八苦しながら奮闘して変えようとしている時よりも

はるかに

ラクで、心地よく、軽く、戦わずして

変化してしまいます。

 

 

(これは、引き寄せでもあります)

 

 

人生でどちらを選択するのか。

 

自我の標準装備のまま四苦八苦しながらがんばる傾向から、

ちょっと抜け出す方法もありますよーーというお話でした。

 

 

また、

四苦八苦しないでラク~でいて、ただ頑張るという感じもいいかもです。

 この場合は「頑張る」とは、言わないですね

やってないようにみえて、やってるーっていう感じ、でしょうね、きっと。

 

 

最後に

禅は変わるのがよいとも、悪いともしていないです。

どちらでもよくて、起こることに対して何も問題ではないです。

あるがまま、起こるがままに、そのまんまです。

もう少し深い意味では

いま起こっているそれこそが「御心のままに」ということを感じられます。

なにかのきっかけでこういった体験をされると

たとえ御心のままにということばを知らなくても

自ずと理解される不思議な領域でもあります。

 

 

 

補足ですが

こんな簡単でシンプルなことなんですが、ついつい自我は忘れちゃいます。

探究を続けていくのに基本で大事なのは、

「忘れないこと」です。

 

もし忘れちゃっても、それもOK、起こるがまま、あるがまんまです。

もし、忘れたことを責めてしまっても、

もしくは、こりゃ仕方ないなーとあきれても、

起こったことは、そうなるようになっていたことが起こっただけです。

 

「そのまんまでOK」という公式が、体験とともに理解が起きると

もう、なにも問題だと感じられなくなるかもしれません。

それはそれでよかったのだと、本音で思えるようになります。

たま~に思えたり、それがほんの微かであっても(充分)いいんです。

 

「起こることはなにも問題ではない」でありながら、

なおかつそれと同時に、

なんだか、ありがたいのだな~とか、

しあわせなんだな~とか、

たのしいのだな~、のような感覚も

少なからず、きっと顔をのぞかせてくるようになることと思います。