つながる 海と空とkumo

禅と引き寄せと本来の幸せ感のリンクするところを記しています。わたし達は元来の幸せ感を忘れていることで不安やときに不満になり迷い続けます。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは禅ともつながっていて、さらに本当のしあわせにも通じる扉でもあります。

はじめての早朝坐禅会

前日の「糸かけ曼荼羅」に参加したノリで

 爆睡して明け方早くに目が覚めてしまい、そのまんま

日曜日は以前から気になっていたお寺の早朝坐禅会へ参加しました。

 

坐禅会をみつけたサイトはこちら

 

 

 

駅からお寺への道順が曖昧で、迷いながらもなんとか始まる前に到着。

曹洞宗のお寺ですが、高床でなく広い畳間だったので

初めてのわりに心なしか気楽でした。

 

f:id:tunagaru-sekai:20170605172434j:plain

 

 

 

f:id:tunagaru-sekai:20170605172550j:plain

 

総勢約50名ぐらいで、男性がほとんどで女性は1割ぐらいです。

 

1時間の坐禅の間に

最初にお経を唱えて、礼拝の作法をして

経行(きんひん)を間に入れて、2回坐ります。


 

お寺の坐禅会は何年かぶりでしたが、なかなかいい感じでした。

警策もなく、

あまり細かい指導も入らずに、

わりあい自由に坐らせてもらえる印象でした。

広い畳の本堂から続きにかけてザックリした広間で

まわりの樹からは鳥の鳴き声が聴こえてきます。

こういったお寺で坐るのは、やはり自然に心地よくなります。

 

また次回の坐禅会も、起きられたら参加してみようかな・・・

 

この「覚えていたらね・・・」ぐらいが、

なんとも気楽で、わたしにはちょうどいい・・・のだなぁ。

 

 

 

f:id:tunagaru-sekai:20170605172643j:plain

 

 

 

f:id:tunagaru-sekai:20170605172712j:plain

 

 

 

f:id:tunagaru-sekai:20170605172750j:plain

 七福神の「寿老人 - Wikipedia