つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*根をつめる、ガマンする、がんばる、だと逆効果

儒教の精神の影響もあって、日本的な模範とされるものが

がんばること、

ガマンすること・・忍耐、

周囲に配慮すること、

一生懸命やること、

 などが素晴らしくて、

それを乗りこえて成功するのが素晴らしいのだ

と無意識に思ってしまうことはよくあります。

 

近年はスポーツ競技の実績を上げるのに

リラックスしてパフォーマンスを向上させる取り組みもあり、

成果を上げているケースがみられて

根性論みたいなものが蔓延しているとこから

外れてきています。

  

根をつめる

 

ガマンする

 

がんばる

 

これらはいずれも一見すばらしい印象なのですが

じつは禅に於いて、おすすめできないやり方です。

 

といっても、

無意識にそう思っているからこそやっているのであって

その場合はそれで問題ないです。

ただし、そこで気づくことがより大事です。

 

曹洞宗のとある僧は

「快」というのは、慮る(おもんばかる)ということ。

悩んだりしていることに一生懸命であっては

「快」すなわち快さが感じられない。

そこで一歩退いてみることも大事。 

 

だと対談のなかでお話されていました。

 

 

人生でたびたび思いつめて、

なんだか重苦しい思いをしながら

クタクタになって生きているのもひとつの人生。

 

先のことは、

いま考えてどうにもなることでないし

考えてどうにかなることだけ考える。

なーんていう感じで

ラクに生きるのもひとつの人生。

 

思いつめて、思考をつかって結果が変わるのかどうか?

 

重たい思いをしながら

これからのことを思い煩うのもOKですが

 『なるようになる』と、思いつめることなく

思いつめたら気づいて、

ほんの少しでもいまある心地よさに意識を向ける

といったラク~な過ごし方もできます。

 

 

これはからだで覚えていって、

からだが心地いい方を自然に選ぶようになるまで続きます。

忘れたら、ちょっと重苦しくなって

思い出すといったことをくり返していきます。

 

さらに 、結果がどうであれ、

いまできるラク~にいることの方が

よっぽど結果はすんなりいくことと思います。

 

これは執着というキーワードにもつながりますし

「知足」にもつながります。

 

いやだな~と思うことが例えあったとしても

ほんの少し執着から離れたり、執着をみることで

天と地ほどの差ぐらい、

心地よい過ごし方になると思います。

 

こういったことを日常の生活のなかで

意識して取り入れていくことは禅の「行」に違いないのです。

 

もし思いつめたり、考えることで重苦しくなったら

その思考のでてくる0.1秒前をみてください。

なにもない・・・

直ぐに感じられなくても

いずれ、

ちょっとだけでも「快」に触れることができると思います。

 

もしくは、

いままで思いつめていた思考から外れた折に

そーーーーっと、

いままでの思考がどこにいったのかみてみください。

すると

どこにもみつからないと思います。

それを ことば ⇒ 思考の理解 ではなくて

からだで実感していきます。

 

そして、なにかに捉われたとき、

ささやきの思考がでてくる0.1秒前をそっとみてみます。

 

すると、どんな感じがするのか

それを体感して実感してみることがなにより大切です。