つながる 海と空とkumo-nami

禅や本来の幸せ感について記しています。わたし達は元来の幸せ感(ただ在る感覚)を忘れていることで不安や不満が起こりさ迷います。本来ある感覚の気づきは、しあわせ~な心地よさです。それは言葉で表現することが追いつかない絶対的な感覚です。 なんだか生きるの辛くて5歳くらいから一度は出家して雲水になってみたいと思っていた、ただの寺女子のブログです。

【2】 感謝の対象を限定しなくなると

感謝と幸せ感について前回かきましたが 


感謝を飛ばして、いきなり幸せ感というのもあります。

 

例えば

たくさん働いたり動いたりして、すごーくお腹がすいてもうペコペコだとします。

走り回って色々と食べものを探してもみつからない。といった折に

ファストフードの牛丼やさんをみつけて

ワンコインで食券を買って食べた牛丼の「おいしさ」。

「あーーーー、おいしい~」

そのときの感覚は、

「あ~~~、しあわせ~💛~💛」の感覚です。

 

 

仕事帰りにビールを飲んだ一口目の「あーうまいっ」。

その「うまい」と言葉を発する前にある、幸せな感覚。

 

そういった体験を暮らしの中で味わっていきます。

小さいことほど、見落としがちですから

できるだけ、小さなものに目を向けてみるとたくさんあるかもしれません。

 

思考の視点からですと

小さいものより、もっと大きいものがいいんだ。となって

小さいことほどないがしろにしがちなんです。

 

けれども

敢えて見方を変換してみるのがおもしろいと思います。

 

 

その幸せ感を都度都度、じんわりと感じてみます。

すると

幸せセンサーなる幸せの感度みたいなのが自然とUPされちゃいますから

小さなことにも幸せを感じられやすくなります。

 

また坐禅によっても

幸せの感度がUPされますから、より感じやすくなると思います。

 

 

そして

その幸せだな~と感じられていることによって、幸せが共鳴してきます。

それは期待しない方がさらにいいみたいで

予期せぬものが起こったりします。

 

例えば、

まったく同じ出来事が2人に起こったとしても

1人は、別にフツウと変わらない。と思い

もう一人は、ああ幸せだな~と感じてる。ということがあります。

幸せの感度が上がると後者寄りになります。

 

気づいたら

目の前に起こる出来事と、

幸せを感じられる感度の、その両者が自然にいい感じになっている。

その時は

はじまりに感謝の思いがもてなかったのが

自然に感謝という思いが膨らんでいることと思います。

 

 

 

まとめると

欲望が満たされた時に本来の感覚(幸福感)に戻ります。

欲望をつくって達成することで解消して幸せ感が現れるのですが

もっとシンプルには

わざわざ欲望をつくらなくても

当初からあるその感覚にフォーカスすればよいのです。

それを邪魔しているのが思考です。

思考というのは、あらゆる概念です。

 

 

 

 

禅の研修会のかつての会報紙より引用のことば

人生まんざらでもありません

ゆっくり空に目をやってみませんか

すべてのものが無心でそこにあり

いつの間にか

わたし達も無心になっています

「黙」とは無言ではなく

真実の声なのです 

 著者の了承を得て転記しています

 

 

 

 

 関連したブログはこちら