つながる 海と空と kumo-nami

自我の「わたし」は思うとおりにならないことで悩んだり苦しんだり彷徨います。本来はしあわせ~な心地よさです。それはことばで表現することが追いつかない絶対的な感覚です。なんだか生きるのが辛くて5歳の頃から一度は出家して雲水になってみたいと思っていた風変わり女子がかく気まぐれエッセイブログです。

*【3】 いまあるもので充分、いまないものも充分

 「知足」について、かきました。

  

 こちらの続きです。

 

欲というものが膨らんでくると

必然的にそれについての思考も増えてきます。

ありのままの真実をみるのを妨げているのは思考です。

なので

欲や思考はなるべく少ない方が、みやすくなります。

 

そうなるとすぐに

指針の「少欲知足」ということばから

欲を少なくしよう、とか

足ることを知ろう、といったことを

することで

目的をかなえようと行為します。

 

じつは、

それこそが、最大の欲なんじゃないかと。

 

足ることを知ろうと、やります。

欲を少なくしようと、やります。

目的達成のために、やります。

それが、ますます捉われを招いていることに

なっているという気づきがあるでしょうか。

 

捉われは問題ではありません。

捉われたなーーと気づいたら、戻る。です。

 

  

正解も不正解もありませんが

あえて指針の「少欲知足」を実践するとしたら

それは

欲が多いな~ということに、気づく。

足りているのを充分に感じる、感じてみる。

ということです。

 

 

ことばそのものが、

行為になると欲になって見事な捉われになります。

しかし

ことばそのものを感じてみる。

もしくは

ことばからほんの少しだけ、意図をくみ取って感じてみる。

となると

それは必ず気づきにつながっていきます。

 

 

「わたし」というのも同じです。

「わたし」が行為すれば、

迷いや苦しみにつながります。

でも

「わたし」が行為しているのを観れば、

気づきにつながります。

 

そこで

目的を設定せずに、ただ観るということが

さらに大事なポイントになります。